1度出来た妊娠線は消えないの?

Pocket

妊娠線とは、妊婦さんのお腹にできてしまう肉割れの線です。妊娠すると徐々にお腹が大きくなってきますが、お腹の皮膚はむりやり伸ばされている状態です。そのため表面の皮が耐えきれずに裂けたようになってしまい、血管が透けて見えてしまうようになります。
一般的には妊娠5カ月ごろからできる人が多いです。妊娠線ができる前兆として、かさつきや痒みが出ると言う人が多いので、そういった前兆が出てきたら要注意です。
お腹だけでなくお尻やバストにできる人もいます。その他にホルモンの影響も考えられます。

妊娠中に分泌されてホルモンは肌のターンオーバー機能を鈍らせたり、コラーゲンの生成を抑制する働きがあります。そのため肌は弾力を失ってしまうのです。
通常であればすぐに治るような割れ目も悪化してしまうことがあります。

妊娠線の厄介なところは、一度できてしまうと完璧には消えないといったところです。妊娠中は血管が透けて見えるかんじですが、出産後は白っぽいしわのような見た目になってしまいます。

きちんとケアをすることで目立たなくすることは可能ですが、完全に消すことはできませんので、妊娠中にしっかりとケアをしましょう。
予防に有効なのは保湿です。肌の手入れと同じで化粧水を塗り、その上から蓋をするように乳液やボディークリームを塗ります。
ワセリンなども保湿効果が高いのでおすすめですが、中にはアレルギーを起こす人もいるのでいきなり広範囲に塗るのはやめましょう。